今週末はこのデッキと心中しないか #76 緑単フード

Standard
Standard Us_Apart 今週末はこのデッキと心中しないか
この記事は約4分で読めます。

どうも。Mtg digging編集部のUs_Apartです。

 

カルドハイムのプレビューがじわじわと始まりまして、注目度の高いカードも出てきてそうな雰囲気がしていますね。俺はちらちらとニュース記事を見ているものの、そこまで熱心にはプレビューは見ておらず、強いカードがあるかはほとんど把握してませんが、それでも新セットの発売はすごーく楽しみです。やっぱり環境が変わってくれるのはありがたいですね。

 

新環境直前(?)ですが、変わらずスタンダードに勤しんているので今回もラダー向けのデッキをご紹介しまーす。

緑単フードです。

インポートリストはこちら

 

環境にグルール殺すデッキが多く溢れてきて、その上、ディミーアが思ったほど多くないので、グルールではあまり勝てなくなってきたので、グルールに強く、グルール殺すデッキにも戦えるデッキということで緑単に白羽の矢が経ちました。

このデッキを選択する利点

このデッキを回してみて感じるのは単色デッキのマナベースの安定性です。とにかく、タップインが少なく、色が揃わないこともなく、その上、スペル土地が結構入っているので、マナスクリューも少ないです。

 

マナベースが安定しており、安定してマナが延びる上に、マナ加速やサイズのデカイクリーチャー経由で早いターンに《グレートヘンジ》や《貪るトロールの王》が出ることもあります。つまり安定もあるのにブン周りがあるというデッキの構造上の強みが大きいです。

 

事故が少ないのに強く早い展開が魅力で、それにより1手差で勝つことがかなり多いですし、展開が早いのでラダーにも向いていると思います。

カード選択について

《恋煩いの野獣》

《恋煩いの野獣/Lovestruck Beast》[ELD] 緑R

こんなんほとんどシナジーないし、どうせ弱いやんけ。と思ってましたが、《グレートヘンジ》とのシナジーだけで十分強いです。というか、こいつがいないと序盤のアクションが極端に弱くなっちゃうので、使ってみると元々の性能だけでしっかりとパワーカードでした。このデッキはナチュラルにそれなりの数の1/1クリーチャーを採用できているので普通にアタッカーとしてもバリバリに活躍してくれます。

《意地悪な狼》

《意地悪な狼/Wicked Wolf》[ELD] 緑R

破壊不能にもなるし、除去にもなるし、最強じゃんと思いきや、「思ったほど強くないなぁ」と感じたカードです。サイズ小さいし、地味に除去できる範囲が狭くて、除去したいクリーチャーが少なかったし、食物トークンがなくて、破壊不能にならなかったり、食物トークンがあっても《絶滅の契機》や《エルズペス、死に打ち勝つ》にさらっと追放されたりで、まあまあなスペックです。

 

ただし、こいつがアドを取ったときは一転かなり有利になる状況が多いので使いどころが試されるカードだなとも感じます。丁度バランスの良いナイスデザインカードです。

《原初の力》

《原初の力/Primal Might》[M21] 緑R

数少ない緑単で使えるまともな除去です。どうしても除去が少ないアーキタイプなので、貴重っすね。格闘は状況を選ぶのでどんなデッキにも万能で強いというわけではありませんが、そうは言ってもメイン・サイド込みで4枚入れといて良いでしょう。《エッジウォールの亭主》などの軽いシステムクリーチャーはこれがないとしんどいことも多いので。

《怪物の代言者、ビビアン》

《怪物の代言者、ビビアン/Vivien, Monsters' Advocate》[IKO] 緑R

グルールとは違い、マナコストが重いクリーチャーがそれなりに入っているので、-2能力が強くなります。《貪るトロールの王》キャストから、《意地悪な狼》や《探索する獣》あたりを引っ張ってくる動きは一気に盤面をひっくり返すことができます。状況に応じて《漁る軟泥》や《打ち壊すブロントドン》を持ってくる動きもツールボックスとしての秀逸です。サイドにピン刺しされている《長老ガーガロス》も-2能力で《貪るトロールの王》から引っ張ってこれることを評価して採用してます。

ちょっとしたコツ・注意点

ドライブ感を盛りめで

重たいカードが多いので、序盤のアクションをかなり重要視してます。ランプデッキのようなキープ基準をお手本にすると良いでしょう。序盤がしっかり動けていれば、後半戦は強い動きができるように構築されていますので。序盤が微妙な動きだとだらだらした上に《グレートヘンジ》が手札にダブついて身動きが取れないなんてこともあるのでその点は気をつけていきましょう。《グレートヘンジ》は手札にあると弱いです。場に出ると強いです。マジックが楽しいです。

最後に

カルドハイムが出るのが待ち遠しく、代わり映えのない環境にちょっと雑にラダーする日々が続いてます。そういう自分の雑さを正当化するために、多少雑でも継続していれば何か得られるものがあるかもな、とつい思ってしまいますが、その「何か行動さえすれば成長する」という理論を採用してしまうと、この世の中で奴隷こそが最強という考え方になってしまうので、ボチボチ丁寧さも取り戻していかないと俺に成長はなさそうですね。

 

とはいえ、楽しむためにやってることでもあるので、なんだかんだ言ってもそこまでいきなり大きくスタンスが変わることはなさそうです。焦らず少しずつ少しずつ習慣から、普段の思考から、徐々に成長につながるものを集めていくしかない気がします。

 

それでは、ありがとうございました。またね。

 

P.S

スラムダンクの映画化楽しみですね。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました