今週末はこのデッキと心中しないか #92 白単アグロ

Standard
Standard Us_Apart 今週末はこのデッキと心中しないか
この記事は約4分で読めます。

どうも。Mtg digging編集部のUs_Apartです。

 

さて、最近は界隈ではモダンホライゾン2のフルスポが出たり、ヒストリックアンソロジー5がリリースされたり、色々と動きがありました。俺はモダンはやらないですが、流石にこれだけ強いカードが出てくるとモダンの動向が気になりますね。モダン楽しそうです。

 

ヒストリックアンソロジーは今回そこまで環境を動かすカードがなさそうで、なんだかんだスタンダードをやってますが、こちらもあまり環境が動かず代わり映えしないデッキが多いですね。最近は禁止レベルのパワーカードがバリバリ出ていたので、いささか刺激が不足してるような、禁止は出てほしくないような、、、

 

というわけで今回はスタンダードのデッキをご紹介

白単アグロです。

インポートリストはこちら

このデッキを選択する利点

いわゆるヘイトベアー戦略をとって攻めるタイプの白単で、ゴリゴリのアグロとは少し違います。なので、適材適所で相手の動きに対応したヘイトベアーを出し、ジリジリと優位を広げていくデッキで、《傑士の神、レーディン》や《精鋭呪文縛り》のおかげで本来苦手である全体除去にもある程度対処ができるのが強みです。

 

アグロ同士だと若干押し負けがちではありますが、それもキチンと適宜クリティカルなカードを当てられるのなら話は別で、それがそれなりにできるポテンシャルのあるデッキなので、マリガンは少し難しいものの、やりがいのあるデッキだと思います。

カード選択について

《無私の救助犬》

《無私の救助犬/Selfless Savior》[M21] 白Uこのデッキはヘイトベアーが多く、それらのほとんどが死なずにいることに意味があるので、こいつが1ターン目に場に出てて睨みを効かせてくれていること自体が強く、パワー1とはいえクロックであることも非常に重宝します。

 

対抗である《命の恵みのアルセイド》は時と場合により、追放除去を避けられたり、ブロッカーを退けられたり、と諸々差別化していますが、概ね《無私の救助犬》の方が強いです。流石に0マナ起動は強い。

《ドラニスの判事》

《ドラニスの判事/Drannith Magistrate》[IKO] 白R

ヘイトベアーですが、かなり受けが広く、出来事カードや、《出現の根本原理》、《スカルドの決戦》あたりは封殺できますし、そういったカードが一切入っていないデッキであっても《精鋭呪文縛り》で追放したカードが唱えられなくなるので完全に腐ることが少ないです。

 

とにかくクリティカルな相手にはこれ1枚で楽々3〜5枚くらい封じることができるので、メインサイド合わせて4枚採用をオススメします。

《精鋭呪文縛り》

《精鋭呪文縛り/Elite Spellbinder》[STX] 白R

白単らしからぬ、擬似ハンデス効果が強力ですし、3/1飛行というサイズもアタッカーとして優秀なクリーチャーです。攻め手の基盤にもなりますし、妨害の面でも非常に重宝します。《ドラニスの判事》で追放したカードが返ってこなくなったり、《傑士の神、レーデイン》と妨害できる角度が違って相互補完ができることが多かったり、各カードとの相性も良いですね。

《傑士の神、レーデイン》

《傑士の神、レーデイン/Reidane, God of the Worthy》[KHM] 白R

こいつも定番のヘイトベアーで全体除去をはじめとして色んなカードに対してクリティカルな妨害ですし、2/3飛行・警戒ってスペックも優秀。裏面はあまり使いませんが、伝説なのに2枚引いても腐らないのもオマケとしてはありがたいですね。

《スカイクレイブの亡霊》

《スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition》[ZNR] 白R色んなパーマネントを処理できる万能カードですが、アタッカー性能は低いですので、それ以前にクロックを並べる必要はあります。裏目もあるカードなので、弱い盤面も多いですが、しかしそれでも唯一無二の性能のカード。

《不詳の安息地》

《不詳の安息地/Faceless Haven》[KHM] 土地R

アグロにとって最高・最強の土地ですね。氷雪シナジーをとってるのもこのカードのためだけですし、とにかく全体除去の返しで、サラッと4点ぶっ込んでくれるのはありがたいですね。

ちょっとしたコツ・注意点

1・2・3の展開を意識

このデッキは構造上、

1マナはクリーチャーの除去体制をあげるカード。
2マナはアタッカー。
3マナはヘイトベアー。

 

が多いです。なので、3ターン目からグッとクロックが上がったりすることが少ないので、2ターン目にアタッカーを出したいのですが、それも《歴戦の神聖刃》であれば除去体制があるものの、一番リターンが高い《光輝王の野心家》は除去体制がないので、やはり1ターン目から《無私の救助犬》や《命の恵みのアルセイド》といったデコイも展開したい。

 

つまり、序盤の展開が命のデッキなので、マリガンはガシガシしないと勝率が安定しません。時に強気に仕掛けなければいけないことはあれど、自分の中でしっかりキープ基準を設けて戦いに臨みましょう。ダブルマリガンくらいはドンドン許容して良いです。

最後に

このデッキはアグロデッキながら、妨害が多く、挙動がスタンダードには珍しい動きが出るので、思いのほか奥が深く、腕の差が出るデッキです。なので、俺は細かいミスで負けてますが、本当に楽しいデッキなので、一度触ってみることをオススメします。

 

それでは、ありがとうございました。またね!

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました