今週末はこのデッキと心中しないか #34 エスパースタックス

広告
Standard

どうも。Mtg digging編集部のUs_Apartです。

 

月も代わり、ミシックポイントチャレンジなどのイベントも終わり、アリーナのメタもゆったり好きなデッキを使う人が多く見受けられる今日この頃ですが、みなさんどうお過ごしでしょうか。

 

俺は月初はランクを気にせず好きなデッキを使えるため、この時期はいつもローグデッキを使うことが多いっす。そして、多分俺と同じような考えをする方が多いのか、割と対戦するデッキもローグデッキ、ないしtier2〜3くらいのデッキが多い気がします(つまりローグにも活躍のチャンスがあります)。

 

ということで今回は俺の性癖丸出しのデッキをご紹介します。

エスパースタックスです。

インポートリストはこちら

 

このアーキタイプ大好きなデッキなため、以前もご紹介してるんですが、今回はかなり内容をチェンジしています。カードごとに役割を解説しますが、トータルコンセプトとしての変更点は「シナジーに寄せてパワフル」にって感じです。

 

以前の形は弱点が「早いアグロ(赤単)に勝てない」ことが弱点でずっしりと重い構成で、その代わりそれ以外のデッキには器用に立ち回れたんですが、今回のパターンは割と早いアグロに立ち回れる構成を取りつつもデッキパワーを落としたくなかったので、シナジーにゴリゴリに寄せました。

 

広告

このデッキを使う利点

とにかく、アグロに強いってのがこのデッキの特徴です。とにかくパーマネントに触る力がピカイチなので、大体のアグロには優位がつきます。クリーチャー以外のパーマネントにも触れるので、アグロ以外のデッキとも渡り合えますが、特に《空の粉砕》と《予言された壊滅》の相性がよく、クリーチャーデッキは毛も残らないです。

 

あと、《予言された壊滅》と《屋敷の踊り》の挙動は他のデッキでは見られないものなので、触っててマジで楽しいです。やっぱ俺は楽しむためにマジックやってるんで楽しめるってのは重要っすね。

カード選択について

《夢さらい》

必ずしも《屋敷の踊り》でゲームエンドする必要はなく、早く決しそうなゲーム展開ならさらっとフィニッシュしたいので、そのための要員として活躍します。ちなみにサイド後は《屋敷の踊り》戦術を阻害されることが多いので、《夢さらい》と《太陽の恵みの執政官》をマシマシにしてあります。

 

《太陽の恵みの執政官》

上記のようにサイド後は《屋敷の踊り》によるリアニメイトプランは否定される可能性が高いです。そもそも重すぎるので、ハンデスでもカウンターでもしんどいです。ですのでサイド後は大胆に攻め手を変えます。そこで重要になるのが、攻め手としてコイツを追加することです。コイツは《屋敷の踊り》と入れ替えるだけでスーパーフィニッシャーになる上、このデッキ相手にはほとんどのデッキが除去をサイドアウトします。

 

仮にさらっと除去されてしまっても《エルズペス、死に打ち勝つ》で場に戻せば良いだけ。なんというかみ合い!エンチャントの枚数が他のデッキとダンチなので、本場のペガサス流星拳をぶち込んでやりましょう。

 

《メレティス誕生》

土地の供給の安定のため、およびにアグロ体制をつけるために投入しています。《予言された壊滅》をイマイチ有効利用しづらそうに見えますが、そんなに気にせずともナチュラルにこのカードが強い上に同じマナ域に《海の神のお告げ》がしっかりと取られている場合はそちらから先に出せばいいので問題ありません。

 

ちなみに《メレティス誕生》を《予言された壊滅》で綺麗にサクリファイスしたいなら、《メレティス誕生》を展開した次のターンまでに《予言された壊滅》をすると上手くいきます。2t目に《メレティス誕生》と《海の神のお告げ》の両方がある場合、2t目《海の神のお告げ》、3t目《メレティス誕生》、4t目《予言された壊滅》、といくと、第2章を終え、平地と0/4トークンを出した後の《メレティス誕生》をサクれるので余裕があれば、《海の神のお告げ》から展開しましょう。

 

《エルズペス、死に打ち勝つ》

英雄譚その2。以前は英雄譚と《予言された壊滅》の相性を鑑みて採用は見合わせていましたが、そもそものエンチャントのカウントがしっかりあるのならば、問題なく採用可能です。単体でしっかり活躍してくれるレベルのカードが増えるとカードパワーが上がるのでサイド後にシナジーを捨てる選択もしやすくグッドです。

ちょっとしたコツ・注意点

英雄譚の管理に注意

《メレティス誕生》の項でも触れましたが、英雄譚を上手く《予言された壊滅》でサクリファイスする動きは強力なので、極力英雄譚をサクリファイスできるようカウントを管理しつつ場に出すことを心がけましょう。とくにこのデッキはクリーチャーとPWが少ないので、《エルズペス、死に打ち勝つ》の3章のリア二能力が空振ることが多いので、空振りそうならせめてサクりましょう。

不用意にだらだらしない

このデッキは《屋敷の踊り》でガッとリアニメイトした時に脳汁が吹き出し勝利するデッキですが、そのためには少なくとも8マナ必要でこれはかなり悠長な動きです。ですので、そのプランを迅速にすべく《夢さらい》もメインからしっかり3枚取られています。

 

《夢さらい》でいけそうなら行き、《屋敷の踊り》でいくことになりそうならそれもよし。常に「今の状況ならどちらでフィニるべきか」を考えてみましょう。

《屋敷の踊り》は強い時に積極的に使う

このデッキはわざわざ《屋敷の踊り》に依存せずとも勝てるように設計しているので、《屋敷の踊り》をX=2〜5で撃って、盤面が有利になるならどんどん撃っていきましょう。変に勿体ぶらず積極的にアドバンテージを取りにいきましょう。

サイド後は《太陽の恵みの執政官》と《夢さらい》をそれぞれ4枚にしたビートプランを検討する

サイド後は多くのデッキが除去をアウトしてエンチャント対策やハンデス、カウンターなどで《屋敷の踊り》プランを阻害しにきます。こちらとしても除去や、カウンターをサイドインするとエンチャントカウントが減ってしまい、《屋敷の踊り》バリューが下がってしまいます。

 

ですので、多くのマッチアップでペガサス流星拳を試すことをオススメします。

《寓話の小道》は平地以外を持ってこよう

このデッキは《メレティス誕生》を採用する兼ね合いで、他の基本地形より平地の枚数を多くしています。なので、《寓話の小道》はなるべくなら平地以外の持ってきましょう。じゃないと、後半《メレティス誕生》が空振ります。。。

 

最後に

今回は俺の趣味趣向がガッツリ出たデッキの紹介となりました。案外勝つのでオススメのデッキですが、そこはやはりローグ、相手の裏を書いていわゆる「分からん殺し」をすることで勝率が保ててる感じがします。

 

これ直近の勝率です。

 

スゥルタイやティムールアドベンチャーなど後半戦が強いデッキとは真っ向から長期戦を挑むと負けるので、アグレッシブサイドで不意打ちペガサス流星拳を狙いましょう(アグレッシブサイド取る前はミッドレンジにメインで勝ててもサイド後負けるってパターンでした)。

 

それはそれで脳汁が出ます 笑

 

ローグにアグレッシブサイド、、、男が喜ぶ要素は全て用意しておきました。トビすぎ注意。用法用量はよく守っていただき、使用はいつも通り自己責任ということで。また、もう少し細かい使用法は以前の記事で言及してるので物足りない方はそちらも是非確認してみてください。

 

それでは、ありがとうございました。

 

追伸

このデッキを調整してる最中、たまたま行弘さんとマッチアップしました。そしてこれもたまたま行弘さんの配信中でした。この動画の4:50:00〜辺りから対戦してるので挙動をみたい方は是非(現状のリストとはちょっと違いますが)。

 

ファンなので、対戦できて嬉しかでした。皆さん、俺と一緒に行弘さん応援しましょう。

【トッププロのMTGアリーナ】エルズペスを救いたい【スタンダード】

コメント

  1. 匿名 より:

    前回も書きましたがスタックスデッキめちゃくちゃ面白かったです。
    対戦相手が明らかに《予言された壊滅》嫌がってるな~、って。
    《屋敷の踊り》に関しては同意です。X=2でも通れば十分って感じでした。
    戦術的な感想はサイドの入れ替えが少し悩みますね。エンチャントの枚数減らす価値のある打ち消し、除去の変更になるのかですね。自分は変更0枚を結構やってました。

    (あと運が良かったのかジェスカイファイアーズには負けなしでした。完璧にコントロールしてました。感謝)

    また楽しい、強いデッキの紹介記事待ってます

    • MTG Digging より:

      どもども。お目が高いですね。何度もコメントあざす。楽しんでもらえたなら良かったです。

      こういうシナジーデッキはサイドが難しいっすね。自分で作っておきながら俺自身迷うことも多いっす。相手がこちらの戦術を嫌がってそうなら変更なしも大いにありだと思います。相手が有力な対策をしてきそうな場合にアグレッシブサイドを取れればそれで良いので。

      >>(あと運が良かったのかジェスカイファイアーズには負けなしでした。完璧にコントロールしてました。感謝)

      使いこなしてくれてるようで何より。こちらこそ感謝っす。

      >>また楽しい、強いデッキの紹介記事待ってます

      あざす。お任せください。

タイトルとURLをコピーしました