Weekly DECK Focus#13-幸運を導くクローバー他.-

広告
Others

どもっ。NIMAMEです。

今年度のプレイヤーズツアーおよびプレイヤーズツアーファイナルの詳細も決まりまして、競技シーンを取り巻く環境もにわかに盛り上がりを見せてまいりました。その中でも特筆すべきはやはり、いくつかの日程で「ドラフト」部門が姿を消したこと。

従来のプロツアーではドラフトラウンドと構築ラウンドが交互に行われ、その累計成績によって順位付けを行なっていました。それが、今年度からは「構築×構築」の構築混合フォーマットによる方式へとジワジワとシフト。

ドラフト部門が完全に消失してしまうようなことはないでしょうが、今後その数を減らす可能性が高いことを思うと、リミテッド好き人間としては悲しい気持ちも。同時に、チームに所属していなかったり、満足な調整環境が整備されていないプレーヤー達にとっては、「情報格差」による環境理解の差が一段と露呈しやすい形式へとシフトしていくことにより、苦難は一層増していってしまうのではないでしょうか。

今後の進展に要注目ですね。

さて、前置きはこの辺りにし、今週もPick Upしたデッキを張り切って紹介していきたいと思います。今回も、イケてるかっちょいいデッキをDigしてきましたよ。

では、始めていきましょう。

第13回 Weekly DECK Focus

各フォーマットより、筆者がDigったデッキをご紹介。

広告

ティムールアドベンチャー by Aaron Gertler

Dream Hack Anaheim 2020,(Champion)

画像をタップしてDownloadページへ

ただいま旬、真っただ中なこちらのデッキ。圧倒的なまでのアドバンテージ能力を武器に、世界中の猛者が集う賞金制トーナメント「Dream Hack」の頂点を手にしました。

このデッキを語るうえで最も重要なのがこちらの二枚。基本的に、このどちらかの有無を最低条件として初手の判断を行っていくことになります。時には、ダブマリ、トリマリも辞さないくらい厳しく見極めていくことが上手く立ち回るためのポイントであると言えるでしょう。

現在のスタンダードを語る上で、絶対に無視して通れないのが「青白コントロール」の存在。上記二種は、その仮想敵に対して完璧といっても差し支えないほどの活躍ぶりを見せてくれます。

「青白コントロール」と対峙する際に大きなポイントになるのが、カウンターおよび《エルズペス、死に打ち勝つ》に引っかかることのない『2マナ以下の致命的なパーマネント』を有しているかどうかです。

《対抗呪文》なき現在、「青白コントロール」が万全の対応力を機能させ始めるのは3ターン目移行。場に定着してしまったパーマネントに対応するにも大振りなアクションが必要となることから、この『2マナ以下の致命的なパーマネント』が「目の上のたんこぶ」となってしまうわけです。

その他、デッキにはアドバンテージ生成軍団である「アドベンチャーズ」が多数採用されており、その手数の多さ全てに対応するのは至難の業。メタゲームの変換により、以前までは見向きもされなかったデッキが一躍栄転を遂げるという、なんともMTGらしいスポットライトの浴び方を受けています。

注意点としては、「これ」という決定力に欠けた繊細なデッキではあるので、運用が決して容易ではないこと。結果を残したことからもポテンシャルは間違い無いのですが、安易な気持ちでは手を出さないほうが良いかもです。

緑単ランプ by stainerson

Pioneer Challenge #12094312, (6-1)

画像をタップしてDownloadページへ

一風珍しい形をしたこちらのランプデッキ。一般的なフィニッシャーとして鎮座している《絶え間ない飢餓、ウラモグ》の姿はメインボードになく、代わりに3種のプレインズウォーカーを採用。これまたパイオニアでは珍しい、《大いなる創造者、カーン》がキーカードとして機能をしています。

《大いなる創造者、カーン》といえば、いまや「禁止カード」となった《マイコシンスの格子》を相棒に、モダン環境を震撼させた極悪プレインズウォーカー。 このコンビに煮え湯を飲まされた人も多いのではないでしょうか。

しかし、パイオニアには《マイコシンスの格子》の存在はなし。その他サーチ先のカードも特に際立つものはなく、運用するのに「4+@」と膨大なマナを必要とすることからも、その姿を見かけることはほとんどありませんでした。

しかし、気付けばメタゲームは激変。環境トップの座を「コンボデッキ」が争うようになり、《減衰球》や《トーモッドの墓所》といったメタカードが大きな存在感を放つように。これにより、対戦相手によってフレキシブルに対応することが可能である《大いなる創造者、カーン》に出番が回ってきたというわけですね。

皮肉なことに、もともとランプデッキの息の根を止めたのも各種コンボデッキ。ここにきて、新たなる道を開拓して活路を見出したことは、賞賛に値する結果であると言えるでしょう。

8ボール by Sam_Lewin

Modern Preliminary #12094304, (4-1)

画像をタップしてDownloadページへ

最近にわかに注目を集めているこちらのデッキ。Preliminaryイベントで連日結果を残していることからも、もう笑ってみているわけにはいかなくなるかも?!

ボールに例えられているのが、こちら新旧《ボール・ライトニング》。すぐに命尽きてしまうという強烈なデメリットと引き換えに、一度戦場に登場すればゲームに多大な影響力を与えてくれます。

*ちなみに、旧《ボール・ライトニング》の採用枚数は3枚と減少しているため、正確には『7ボール』となっています。

コンセプト落ちとなってしまいそうな紙の束をデッキたらしめているのが、こちらの3枚。

《炎族の先触れ》が弾丸を補充し、《発掘》と《雷族の呼び覚まし》が使い終えた『8ボーラーズ』を再利用。しつこく乱発射することにより、相手の息の根を止めにかかります。

傍目から見ると、正直とてもじゃないが強そうには見えないこちらのデッキ。しかし、何時の時代も先駆者というのは嘲笑の的となるものです。

かの「マルドゥパイロマンサー」ですら、出始めの頃は懐疑的な評価。このデッキも、迫るPTモダン部門において、一躍環境を席巻するデッキとなる可能性も十二分に考えられます。是非ともその姿を見てみたい!

特定のプレーヤーが延々とやりこんで結果を残しているところなんかも、出始めの頃の「マルドゥパイロマンサー」にそっくりですよね~。

UBパラダイムシフト by MartinMedMitten

Legacy Challenge #12094313, (6-1)

画像をタップしてDownloadページへ

《死の国からの脱出》を代表とし、「テーロス還魂記」では下環境に大きな影響を与えるカードが複数登場しています。このデッキのキーカードとなっているのも、そのうちの一枚。

《タッサの神託者/Thassa's Oracle》[THB] 青R

特殊勝利条件を内蔵した一枚、《タッサの信託者》です。

従来、この枠に採用されていたのは《研究室の偏執狂》。いままで3マナのカード+@を必要としていた勝利達成の条件を、このカードはたった一枚。しかも、1マナ軽く達成できるようにしてしまいました!

デッキの動きは、至極単純。レガシーをプレイしたことない人でも、パイオニアの「真実を覆すものコンボ」を想像していただければ結構です。

《真実を覆すもの》を使用する代わりに、ここでは《Paradigm Shift》と《Thought Lash》を代用しているわけですね。この二種どちらかをプレイすることでライブラリーをすっからかんとし、後は《タッサの信託者》or《神秘を操る者、ジェイス》でGGという流れです。

今後の発展として、パイオニア宜しく《真実を覆すもの》でビートダウンも見込める耐性にシフトするのもヨシ。細部を調整し、よりコンボに特化した構築を目指すのもヨシと、まだまだ伸び代十分なこちらのデッキ。

近く、「オムニテル」などに取って代わる存在となる可能性も大いに考えられるかも?!

《Paradigm Shift》と《Thought Lash》はもう随分古いカードですので、手遅れにならないうちに確保しておくのが間違いないかもしれません。特に、《Paradigm Shift》のほうは既に値上がり傾向が出てきていますよ!

おわりに

いかがだったでしょうか。心躍るような素敵なデッキには巡りあえましたか?

さて、このコーナーでは結果を出したデッキに限らず、今回のようなTwitterで拾ってきたり、皆様からのお便りなどで頂いたデッキなんかも取り上げております。

「素晴らしいデッキが思い浮かんだ!」、「この発想をみんなに伝えたい!」なんて作品が御座いましたら、是非ぜひコメント欄でもTwitterの方からでもご連絡をお願いします。

来週の一角を飾るのは、あなたの番かもしれませんよ?

ではでは皆様、また次回。

Enjoy MAGIC!!!!! (Written by NIMAME)

おまけ

【ペインターデルバー】

最近流行りの「コンボ×デルバー」の亜種。モダンではかなり珍重。

【セファリッドブレックファースト】

昔懐かし特殊リアニメイトデッキ。随分と成長したなあ・・・。今後に期待

Bye-

*MTG Diggingでは、随時ご要望をお待ちしております。 こんな題材が欲しい、この記事を翻訳して読みやすくして欲しいといった希望がありましたらお気軽にご相談下さい。

Twitterのフォローも、よろしくね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました