【翻訳記事】What Beat What in Legacy at Grand Prix Atlanta-数字から見る、マッチアップ別相性差-

BY TOBI HENKE / NOVEMBER 4, 2019 原文はこちら

Grand Prix Atlantaは《レンと6番》が登場して最初のトップレベルイベントであり、そこで彼は前評判通りの存在感を示しました。この2マナのプレインズウォーカーは、全体の中で最も人気があり、かつ最も成功を収めたデッキの両面においてチャートを支配しました。Temur Delverを選択したプレーヤーは全体の9.7%を占め、上位64人に限定すると、実に23.4%の数字を叩き出したのです。

Wrenn and Six

Grand Prix Atlantaでは、全3,615マッチに及ぶゲームが完遂され(Byeと引き分けは含んでいない数字です)、分析をするのに十分満足出来るだけのデータが残されています。

この記事では、あるアーキタイプが別のアーキタイプよりも大きな成果を示した全てのマッチアップに関する情報を示しており、これはつまり、Temur DelverとJeskai Mentorの24-20といった記録や、 Grixis ControlとMaverickの2-0といった記録は除外した情報であるということです。

44回のコインフリップ(先手後手の決定)を実施する場合、そのうち24回以上勝利する確率は32.6%。同様に、コインフリップで2-0となる確率は25%です。この数字から鑑みるに、これらの勝敗数が有利不利を明確に出来るものであるとは自信を持って明言できません。

51個のマッチアップは、多かれ少なかれ明確に有利(不利)な相手を数字で示したので、以下に掲載しています。少なくとも、コインフリップの結果に10%以上も左右されることがない、極端に相性が偏ったマッチアップに絞ったデータを取り上げています(p <0.1)。

Legacy Winrates from GP Atlanta

Temur Delver (won 55.2% of 777 matches)

  • won 70.0% of 40 matches versus Sneak and Show (p=0.008)
  • won 66.7% of 45 matches versus Reanimator (p=0.018)
  • won 80.0% of 10 matches versus Painter (p=0.055)
  • won 62.0% of 50 matches versus Four-Color Control (p=0.059)
  • won 65.5% of 29 matches versus Death and Taxes (p=0.068)
  • won 12.5% of 8 matches versus Manaless Dredge (p=0.035)

環境を支配しているデッキは、Sneak and ShowとReanimatorを確かな数字で圧倒しました。それに比べると、Death and Taxes、Four-Color Control、そしてPainterに対する数字は、サンプル数も少ないため簡単に鵜呑みには出来ないでしょう。また、Temur Delverは決して多くのマッチアップに特別有利なわけではありませんでした。全体を通して55.2%という勝率を弾き出しましたが、これは特定のマッチアップで稼いだ数字ではなく、環境に存在する数多くのデッキに対してきちんと立ち回った結果です。これは多くの場合、環境を定義するアーキタイプの証明であり、名実共にTemur Delverがトップデッキであるといって差し支えないでしょう。

実際、Temur Delverを選択したプレーヤーはほとんど全てのデッキ【Twelve Post、 Four-Color Delver、Four-Color Loam、Affinity、Arclight Phoenix、Burn、Depths、Eldrazi、Enchantress、Food Chain、Goblins、Grixis、Infect、Jeskai、Maverick、Merfolk、Miracles、Nic Fit、Omni Tell、Red Prison、Tin Fins、Blue-Red Delver、white-blue Helm of Obedience】に対して勝ち越しています。しかし、これらは決して相性差を明確に出来るわけではありません。

これらとは対照的に、Manaless Dredgeだけが(ある程度信頼感のある)Temur Delverに対する相性の良さを示しました。次点がNaya Loamの5-1、更にDeath’s Shadowが7-3、Humans’ が4-1と続きますが、これらの結果はコインフリップによって11~19%左右されます。このデッキに対するStormの27-20という数字、そしてStonebladeの20-15という結果も、決して大した価値のあるデータであるとは言えません。

Reanimator (won 43.9% of 424 matches)

  • won 87.5% of 8 matches versus Four-Color Delver (p=0.035)
  • won 69.6% of 23 matches versus Sneak and Show (p=0.047)
  • won 80.0% of 10 matches versus Burn (p=0.055)
  • won 100.0% of 4 matches versus Omni Tell (p=0.063)
  • won 29.4% of 17 matches versus Red Prison (p=0.072)
  • won 28.6% of 21 matches versus Death and Taxes (p=0.039)
  • won 33.3% of 45 matches versus Temur Delver (p=0.018)
  • won 23.8% of 21 matches versus Jeskai Mentor (p=0.013)
  • won 13.0% of 23 matches versus Black-Green Depths (p<0.001)

Reanimatorは、有利なマッチアップよりも苦手なマッチアップの方が多い結果となりました。おまけに、苦手なマッチアップにおけるデータの方が明確な数字を示しており、全体的なパフォーマンスから見ても、決して2番目に人気のあるアーキタイプに位置する実力があるデッキであるとは言えません。

Four-Color Control (won 52.9% of 414 matches)

  • won 100.0% of 7 matches versus Merfolk (p=0.008)
  • won 73.3% of 15 matches versus Four-Color Loam (p=0.059)
  • won 68.2% of 22 matches versus Black-Green Depths (p=0.067)
  • won 0.0% of 4 matches versus Hogaak (p=0.063)
  • won 38.0% of 50 matches versus Temur Delver (p=0.059)
  • won 0.0% of 5 matches versus Manaless Dredge (p=0.031)

MerfolkとManaless Dredgeを除き、Four-Color Controlのマッチアップ別成績はそれほど重要な数字を示しませんでした。どうやら、このデッキは万能選手のようです。

一方、 Manaless Dredgeの驚異的な成功は、このデッキを選択したプレーヤーが全56試合に渡って57.1%という高い勝率を出したことによって、結果的に特定のマッチアップが偏った数字となった産物のようです。

秘密が漏れた状態で結果を出し続けられるかは疑わしいものですし、1ターン目に《大祖始の遺産》をプレイするといった簡単な対策を講じる事で、Manaless Dredgeを打ち倒すべきでしょう。

Jeskai Mentor (won 53.9% of 397 matches)

  • won 76.2% of 21 matches versus Reanimator (p=0.013)
  • won 85.7% of 7 matches versus Four-Color Delver (p=0.063)
  • won 71.4% of 14 matches versus Red Prison (p=0.090)

Jeskai Mentorは、どのデッキ相手にも極端な負け方をしませんでした。コインフリップの影響を考慮した上で最も負け越した数字が、Painterに対する2-5という結果(p = 0.227)であり、その後にHumansとTwelve Postの0-2という数字が続きます。大会結果からも極端に苦手なマッチアップは見つかりませんでしたが、逆に得意とするマッチアップもそれほど多くはありません。

Blue-Red Delver (won 52.6% of 384 matches)

  • won 100.0% of 6 matches versus Mystic Forge Combo (p=0.016)
  • won 70.8% of 24 matches versus Sneak and Show (p=0.032)
  • won 80.0% of 10 matches versus Twelve Post (p=0.055)
  • won 100.0% of 4 matches versus Eldrazi Aggro (p=0.063)
  • won 85.7% of 7 matches versus The Antiquities War (p=0.063)
  • won 0.0% of 4 matches versus White-Blue Helm (p=0.063)
  • won 20.0% of 10 matches versus Bomberman (p=0.055)

Sneak and Showを除き、Blue-Red Delverは主流ではないアーキタイプにのみ高い勝率を稼ぎ出しました。

Sneak and Show (won 48.5% of 363 matches)

  • won 78.6% of 14 matches versus Red Prison (p=0.029)
  • won 72.2% of 18 matches versus Stoneblade (p=0.048)
  • won 0.0% of 4 matches versus Four-Color Delver (p=0.063)
  • won 26.7% of 15 matches versus Death and Taxes (p=0.059)
  • won 30.4% of 23 matches versus Reanimator (p=0.047)
  • won 12.5% of 8 matches versus Dredge (p=0.035)
  • won 29.2% of 24 matches versus Blue-Red Delver (p=0.032)
  • won 30.0% of 40 matches versus Temur Delver (p=0.008)

Blue-Red Delver(47人)よりも多くのプレーヤー(50人)がこのデッキを選択したにも関わらず、全体のマッチ数は少ない結果となりました。これは非常に悪い傾向です。上記の数字も全く良いものではありません。

Black-Green Depths (won 53.9% of 356 matches)

  • won 87.0% of 23 matches versus Reanimator (p<0.001)
  • won 31.8% of 22 matches versus Four-Color Control (p=0.067)

Black-Green Depthsは、Reanimatorに対する、20-3というトーナメント全体で最も信頼度の高い相性差を示しました。

Storm (won 49.5% of 311 matches)

  • won 90.0% of 10 matches versus Elves (p=0.011)
  • won 0.0% of 5 matches versus Four-Color Delver (p=0.031)

このデッキは見事優勝を果たしましたが、全体的に見ると、主要なアーキタイプに対するものも含めて若干負け越した数字となっています。

Stoneblade (won 45.8% of 301 matches)

  • won 22.2% of 9 matches versus Bomberman (p=0.090)
  • won 14.3% of 7 matches versus Four-Color Delver (p=0.063)
  • won 0.0% of 4 matches versus Goblins (p=0.063)
  • won 27.8% of 18 matches versus Sneak and Show (p=0.048)

Stonebladeの最も成績が良かったマッチアップが、Maverickに対する5-1という数字です。しかし、それも大して重要な数字ではありません。

Red Prison (53.6% of 295 matches)

  • won 100.0% of 6 matches versus Lands (p=0.016)
  • won 85.7% of 7 matches versus Four-Color Delver (p=0.063)
  • won 85.7% of 7 matches versus Infect (p=0.063)
  • won 70.6% of 17 matches versus Reanimator (p=0.072)
  • won 28.6% of 14 matches versus Jeskai Mentor (p=0.090)
  • won 0.0% of 5 matches versus Goblins (p=0.031)
  • won 21.4% of 14 matches versus Sneak and Show (p=0.029)
  • won 0.0% of 8 matches versus Death and Taxes (p=0.004)

マッチの合計数が少ないデッキでは、注目に値すべき記録が少なくなると予想されます。上記のように多くのマッチアップ別成績が導き出されるという事は、有利不利の傾向が通常よりも大きいことを意味します。

Death and Taxes (won 51.6% of 287 matches)

  • won 100.0% of 8 matches versus Red Prison (p=0.004)
  • won 71.4% of 21 matches versus Reanimator (p=0.039)
  • won 73.3% of 15 matches versus Sneak and Show (p=0.059)
  • won 34.5% of 29 matches versus Temur Delver (p=0.068)
  • won 0.0% of 4 matches versus Dredge (p=0.063)
  • won 12.5% of 8 matches versus Four-Color Loam (p=0.035)

Red Prisonに当てはまる事は、多かれ少なかれDeath and Taxesにも当てはまります。

Four-Color Loam (won 48.6% of 214 matches)

  • won 87.5% of 8 matches versus Death and Taxes (p=0.035)
  • won 85.7% of 7 matches versus Bomberman (p=0.063)
  • won 85.7% of 7 matches versus Lands (p=0.063)
  • won 77.8% of 9 matches versus Burn (p=0.090)
  • won 26.7% of 15 matches versus Four-Color Control (p=0.059)

Bomberman (won 49.7% of 151 matches)

  • won 80.0% of 10 matches versus Blue-Red Delver (p=0.055)
  • won 77.8% of 9 matches versus Stoneblade (p=0.090)
  • won 14.3% of 7 matches versus Four-Color Loam (p=0.063)
  • won 0.0% of 5 matches versus Burn (p=0.031)

Infect (won 51.3% of 150 matches)

  • won 0.0% of 4 matches versus Four-Color Delver (p=0.063)
  • won 14.3% of 7 matches versus Red Prison (p=0.063)

Lands (won 41.8% of 146 matches)

  • won 14.3% of 7 matches versus Four-Color Loam (p=0.063)
  • won 0.0% of 4 matches versus Death’s Shadow (p=0.063)
  • won 0.0% of 6 matches versus Red Prison (p=0.016)

これで、行末に到着しました。 追加のアーキタイプに独自のセクションを加えると、上記に羅列した情報のみが繰り返されます。

TL;DR

トーナメントの大部分を占めた上位13のアーキタイプ、その全てのマッチアップ成績を下の表より確認することが出来ます:

GP Atlanta Legacy Winrates

(Translated by NIMAME)

*MTG Diggingでは、随時ご要望をお待ちしております。 こんな題材が欲しい、この記事を翻訳して読みやすくして欲しいといった希望がありましたらお気軽にご相談下さい。