今週末はこのデッキと心中しないか #72 スゥルタイパラドックス

Historic
Historic Us_Apart 今週末はこのデッキと心中しないか
この記事は約5分で読めます。

どうも。絶賛ヒストリックを楽しんでいる最中のUs_Apartです。

 

私、現在

 

ヒストリックは開発が煮詰まっておらず新しいデッキがボカボカ出る

その上、カードプールが広くて使いたいカードがたくさんある

ワンチャンありそうだと思って色々触っちゃう

ボコボコにされる。

 

というループをひたすら繰り返してまして、ようやくシラフになってきて、トップメタのデッキに触ってガツガツ勝ちてえな、と思ってきたところです。ま、トップメタを握ったところで勝てるかどうかは難しいところですが。

 

つーわけで、今回も好き勝手やってるデッキをご紹介します。

スゥルタイパラドックスです。

インポートリストはこちら

これカイ・ブッティがミシックチャンピオンシップで使っていたリストそのままなのですが、楽しくてオススメです。

 

勝ち筋としては《パラドックス装置》と《湖に潜む者、エムリー》が場にあると、呪文をキャストするたびに《湖に潜む者、エムリー》の能力で墓地のアーティファクトを使い回しまくれます。その上《彩色の宝球》or《精神石》が墓地にあり、ある程度のマナがあると無限マナ、無限ドローに突入するので、そのまま《神秘を操る者、ジェイス》でライブラリーアウト勝ちを狙います。

 

あとは普通に《自然の怒りのタイタン、ウーロ》で殴って勝つこともしばしば。

このデッキを選択する利点

性癖にゴリっと寄せた選択しちゃったんで、そんなに有利不利とか気にせず握ってますが、わからん殺しを仕掛けられると勝てることが多いですね。基本的にどの相手にも良い勝負するけど、ギリギリで負けるんすよね 笑

 

つまり俺が下手くそだから負けてる説は濃厚ではあるんですが、やっぱりサイド後の《墓掘りの檻》とかはクリティカルに辛いっすね。とはいえ、ヒストリックは色んなデッキが組めて非常に楽しいし、スタンダードではあまり触れないコンボデッキていうのもポイント高いです。

カード選択について

《ラノワールのエルフ》

【Foil】《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》[その他イベント記念系] 緑

《自然の怒りのタイタン、ウーロ》がいる限り、ヒストリック最高の1マナといってもいいかもしれませんね。とにかく1マナでマナ加速するっつーのはブン周りが凄まじいですし、このデッキでは土地以外からマナが出るってことが非常に重要なので、コンボパーツとしての役割も担います。

 

《パラドックス装置》と《眷者の神童、キナン》ともシナジーあるの強すぎるでしょう。使ってて爽快です。本当に。

《眷者の神童、キナン》

【Foil】■拡張アート■《眷者の神童、キナン/Kinnan, Bonder Prodigy》[IKO-BF] 金R

《見捨てられた碑》似た効果があるカードですが、なんと2マナ。そして《モックス・アンバー》と抜群のシナジーがあります。除去されなかった時にちょっとありえないくらいマナ加速してくれて強いですし、7マナの起動能力もバカにできない強さがあります。このデッキではちょっと空ぶるんですが、もうちょっと強いクリーチャーを採用するのもありかな、と考えてます。

《湖に潜む者、エムリー》

■拡張アート■《湖に潜む者、エムリー/Emry, Lurker of the Loch》342 [ELD-BF] 青R

コンボパーツであり、アドバンテージエンジンであり、《モックス・アンバー》の種にもなるカードで、非常に強いカードです。《パラドックス装置》と組み合わさると墓地のアーティファクトが何度も再利用可能な上、《パラドックス装置》自体が壊されても、釣り上げられるのでコンボ完走に一番貢献するカードと言っても過言ではないす。

《パラドックス装置》

《パラドックス装置/Paradox Engine》[AER] 茶R

人の人生を狂わせるカードNo.1かもしれません。本当ね、こいつはね、、、使ってて面白いんだよなぁ 笑

このデッキでは《ラノワールのエルフ》や《湖に潜む者、エムリー》と組むことによって、他の《パラドックス装置》系デッキ(?)より幅が広い使い方ができています。

 

人生の最大の幸福はこのカードから無限ムーブになった時にたくさんのパーマネントをグルグルアンタップしている時に訪れるので、死後、天国に行きたい人は一度使ってみると良いでしょう。

《神秘を操る者、ジェイス》

《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》[WAR] 青R

このカードはちょっと解雇できるなら解雇したいなって思っているところでして、それがなぜかっていうと、

・カード単体が強くない
・コンボスタートしてもフィニッシュが遅い(時間切れが多発する)
・できればクリーチャーをフィニッシャーにおきたい(《眷者の神童、キナン》の能力との兼ね合いで)

ってのが理由です。

 

こいつの代わりに採用できる強いクリーチャーを探す旅に出ようかな。

ちょっとしたコツ・注意点

とにかく時間切れとの戦いが多いので、プレイを早くすることは心がけたいっす。それとサイドボード後はコンボ要素を減らして、ミッドレンジ然とした立ち回りをします。が、この動きがそんなに強くないんだよなぁ。。。コンボデッキ使い慣れてなくて、コンボが決まりにくいサイド後はかなり課題が残ります。

 

正直、この構成だといまいち使いこなせない感があるので、もう少しいじる必要ありますね。別にこの構成がダメってわけじゃないんですが、俺が得意な戦略にハマらないので。

最後に

例によって、今回も見た目ファンデッキっぽいデッキをご紹介しましたが、カイ・ブッディが使ってるだけあってしっかり作られていて、(俺は全然使いこなせてないけど)強いです。

 

ということでもうしばらくこのヒストリックシーズンを楽しむこととします。

 

それでは、ありがとうございました。またね。

COMMENT

  1. ジェイスの代わりにカーンか願いのフェイでサイドボード少し使って勝てるようにした方が良いかもしれません

    • 追記で有色カード少し抜いてエムリーが居なくても勝てるように神秘の炉でも良いかもしれませんね、ラノエルキナンエムリーウーロくらいなら入ってても普通に繋がって勝てます

      • 更に追記でジェイス抜くとジェガンサが無理なく相棒に出来たりします(強いかは置いといて)、2週間くらいこんな感じのデッキ使ってますがほんとに楽しいですよね!

        • コメントどうもです。
          ジェガンサを起点としているタイプが主流になってきましたね。鋭い。なんだかんだ今だにそれなりに使用者がおり、俺が思っているより可能性があるアーキタイプのように感じます。良いデッキで楽しいすね。

タイトルとURLをコピーしました