今週末はこのデッキと心中しないか #66 アゾリウスヨーリオン

Standard
Standard Us_Apart 今週末はこのデッキと心中しないか
この記事は約4分で読めます。

どうも。Mtg digging編集部のUs_Apartです。

 

色んなデッキが出ては衰退し、ようやく新環境のメタが固まってきたようなそうでもないような今日この頃です。今回はアゾリウスヨーリオンをご紹介します。

インポートリストはこちら

このデッキを使う利点

重くて強いカードをうまく使える唯一のデッキとも言えるかも知れないっすね。現環境はあまり強いPWは存在せず、現行で使われてるPWも《精霊龍、ウギン》以外は割と前環境では箸にも棒にもかからなかったメンツが中心です。そうは言っても前環境まではかなり支配的なカードが多かったのもあるので、これくらいで丁度良い感じもしますね。

 

なので、前環境ほど強力なPWが少なく、《自然の怒りのタイタン、ウーロ》《創造の座、オムナス》も禁止になり、強すぎる3〜5マナ域が軒並み退場した現環境では重いカードを有効に使えるデッキ筆頭でしょう。

 

ちなみに現環境で残った重たいカードはほぼ全て《エルズペス、死に打ち勝つ》がクリティカルなので相手が重たいカードで対応してきたとしてもあまり辛くありません。

カード選択について

《エルズペス、死に打ち勝つ》

《エルズペス、死に打ち勝つ/Elspeth Conquers Death》[THB] 白R

現環境の重たいカードへの対処として100点のカードです。説明不要のカードパワーですが、最近は《創造の座、オムナス》《発生の根本原理》からの大爆発展開に対して、受け身のカードが全般的に弱かったので、ようやくまた活躍の目が出てきたという感じです。《エルズペス、死に打ち勝つ》に対しても《エルズペス、死に打ち勝つ》が強いので、ミラーマッチでもこれをめぐる攻防になることが多いです。

《空を放浪するもの、ヨーリオン》

《空を放浪するもの、ヨーリオン/Yorion, Sky Nomad》[IKO] 混R《エルズペス、死に打ち勝つ》と相性が良いカードであり、出た時のブリンク能力でアドが取れてさえいれば《エルズペス、死に打ち勝つ》を喰らってもそこまで痛くないという性能を持ちます。なので、相棒枠のみならずフルでの採用。ですが、その恩恵を受けるためには展開する前段階で、《海の神のお告げ》《太陽の神のお告げ》《真面目な身代わり》あたりをばらまいておくことが条件であり、このように準備をしないと強くないというのもテクニックが試されたり、デッキビルディングの甲斐があって面白い所以だと思ってます。

《スカイクレイブの亡霊》

《スカイクレイブの亡霊/Skyclave Apparition》[ZNR] 白R

新規カードの中でも指折りの強さを持ったカードあり、《空を放浪するもの、ヨーリオン》でブリンクしても強いですし、《エルズペス、死に打ち勝つ》でリアニメイトしても強く、青白という除去が大味なデッキが成立するのはこいつの存在が大きいです。正直、クリーチャーだけでなく、他パーマネントにも触れるのは強すぎます。

《真面目な身代わり》

■拡張アート■《真面目な身代わり/Solemn Simulacrum》[M21-BF] 茶R

旧世代から強いカードですが、今回の再録以降はあまり活躍が見えないカードでした。フル投入するほど手放しに強いと言えるカードではなく、メタ次第ではスタメンを外れる可能性も多分にありますが、それでもようやくこのデッキに居場所を見つけました。個人的には使っていて楽しいカード筆頭で、俺のように以前このカードを好きだった人はこれを機に2〜3枚採用するのは大いにオススメします。

《夢さらい》

■拡張アート■《夢さらい/Dream Trawler》[THB-BF] 金R

こちらも以前は活躍していたフィニッシュカードですが、最近は少しなりを潜めていました。現環境では重めのカードが減り、これにナチュラルに対応できるカードが少なく、かつ似た能力をもち、序盤も活用する《自然の怒りのタイタン、ウーロ》が禁止により、退場したこともあり、また活躍する場面が発生し頼もしいフィニッシャーに。アドで押しつぶすデッキですが、早めにゲームを終わらせたい展開も少なくないので、そのために3枚採用にしました。

ちょっとしたコツ・注意点

《ガラスの棺》と《スカイクレイブの亡霊》の出し入れを意識

《ガラスの棺》なのですが、トークンやパワータフネスがXのクリーチャーを対象にすることによって、《空を放浪するもの、ヨーリオン》で出し入れした際に、二度使い回すことができます。

 

《スカイクレイブの亡霊》と《ガラスの棺》が両方場にある際、《空を放浪するもの、ヨーリオン》で出し入れするなら、《ガラスの棺》で追放していたクリーチャーを《スカイクレイブの亡霊》にスイッチし、《スカイクレイブの亡霊》をブリンクすることにより生まれるトークンを《ガラスの棺》で追放し、《ガラスの棺》を空の状態で場に残しましょう。

 

こうすることにより、次の《空を放浪するもの、ヨーリオン》を出すときには《ガラスの棺》を使い回す準備が整います。

最後に

今環境には重ためのデッキは少なく、短期決戦を挑むデッキが多いです。そんな中このアゾリウスカラーのデッキで長期戦を楽しむのはいかがでしょうか。個人的には《エルズペス、死に打ち勝つ》をぐるぐる回してるだけでご飯3杯はいけます。

 

それでは、ありがとうございました。またね。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました