今週末はこのデッキと心中しないか#56 ティムールフラッシュ

Standard
Standard Us_Apart 今週末はこのデッキと心中しないか
この記事は約4分で読めます。

どうも。Mtg digging編集部のUs_Apartです。

 

さてさて、今週はいきなりのスタンダードの禁止改定が行われ、《荒野の再生》《成長のらせん》《時を解す者、テフェリー》が退場し、環境はドカンと変わることになりました。

 

今回の改定ではローテションでそろそろ落ちるカードの中から、もう散々暴れたんだからいいでしょ?みたいなカードたちが一足先に卒業していきました。ですので、《自然の怒りのタイタン、ウーロ》はまだ今度のローテションで落ちないので、禁止を免れたのではないかと考えられてます。

 

ちなみに今回禁止になったカードたちにはどれも時には泣かされてきましたし、時には笑わせてもらいました。スタンダードはかなり煮詰まってマンネリ化していたと感じてたので丁度良いタイミングで丁度良いカードたちが禁止されていて、個人的には面白い改定でした。

 

いきなり、変わった環境にまだついていけてないのですが、とりあえずイケたデッキを見つけたんでご紹介します。

ティムールフラッシュです。

インポートリストはこちら

このデッキを使う利点

・ティムールというカラーが結局今も強い。

・《時を解す者、テフェリー》が退場したのでカウンター戦略が強い。

 

やっぱり、ローテ前でカードプールが広い場合は三色(特にトライランドがある対抗三色)が強いよねってことで、強いカードがしっかり取れて、それをカウンターでバックアップするという単純明快なデッキコンセプトが非常にイケてます。

 

俺のような青好きの方々にはカウンターを気兼ねなく握れるってのはワクワクするのではないでしょうか。《時を解す者、テフェリー》も好きだったけど、カウンター撃とうよ。もうさ、カウンター撃ちまくろうよって気分なんです。

カード選択について

《夜群れの伏兵》

《夜群れの伏兵/Nightpack Ambusher》[M20] 緑R

4t目にごついプレッシャーを強いるという意味では《荒野の再生》に近いカードで、これぞフラッシュ。これぞクロックパーミッションというカード。説明不要でしょう。バチバチにつよし。トークンたくさん出すと脳汁もたくさん出ます。

 

《厚かましい借り手》

《厚かましい借り手/Brazen Borrower》[ELD] 青R
これもザ・クロパといったカードでこういうデッキでは無類の強さがありますね。邪魔なパーマネントを一時的に退けて、飛行でパチパチ殴る。シンプルゆえに美しい。というか、こういうインスタントタイミングで動くことが命みたいなカードって本当に《時を解す者、テフェリー》の影響を喰らって過小評価されてましたよね。
このデッキにおいては火力がメインの除去なので、対処が難しいカードは割とこれに助けられます。これからさらに評価が上がるであろうカードですね。

 

《エリマキ神秘家》

《エリマキ神秘家/Frilled Mystic》[RNA] 金U

個人的にとても思入れのある好きなカードです。このカードもクロパとしてわかりやすく非常に強いカードで、少し重いカードで《神秘の論争》に引っかかりやすいので2枚の採用です。

 

ちなみにこの手のデッキは赤単のような早く、直接ライフを責めるデッキにあまり強くないのですが、メインボードでこれを通すとかなり有利になるハイリスク・ハイリターンなカードで(ちなみにほとんどの場合サイド後はアウトします)、

 

ちょっと不利なマッチだなと感じたら、これを強気に通しにいきましょう。分かりやすくアドとテンポの両方が取れて、形成逆転の狙えるカードです。使っていて面白い。

《崇高な天啓》

《崇高な天啓/Sublime Epiphany》[M21] 青R
通常の呪文と誘発能力の両方を打ち消せて、《ハイドロイド混成体》をスマートに対処できる上に、それなりに汎用性があるカードです。相手に《ハイドロイド混成体》が入っているとちょっとグダった時に《ハイドロイド混成体》でいきなり不利に追い込まれるので、これを合わせて勝ちってパターンが結構あるのは助かります。唯一無二なカード。

ちょっとしたコツ・注意点

不確定カウンターはさっさと吐く

もちろん、ケースバイケースですが《火消し》が4枚採用されている上に、《神秘の論争》もメインサイド合わせればフル採用されているので、結構マナが伸びた際に使いにくくなることが多いので、積極的に不確定カウンターは使っていきたいし、中盤以降でもできるならそれを使えるような動きをしていきましょう。

気持ち、積極的に

不確定カウンターを積極的には吐きたいので、できるだけ自分のクロックを出してたり、有利状況で遅延をしていきたいですね。なので、具体的にいうと《厚かましい借り手》を出来事の面を無視してでもさっさと展開していった方が得することが多いでしょう。

最後に

今回はシンプルなデッキの紹介になりました。Twitterで拾ってきたのをそのままご紹介したのですが、細かい枚数調整がうまいと感じました。

あんまりビルダーとしての能力には興味がないのですが、純粋にこういうことができるのはすごいな、と。シンプルな戦略ですが、ピン刺し二枚刺しのカードもそこそこあって、ごちゃごちゃ感も面白いデッキです。

 

よかったら触ってみてください。

それでは、ありがとうございました。またね。

COMMENT

タイトルとURLをコピーしました