今週末はこのデッキと心中しないか#31 ジェスカイファイヤーズ 

Us_Apart

どうも。Mtg digging編集部のUs_Apartです。

 

もう日付は変わってしまいましたが、今日はバレンタインでしたね。皆さん良い思い出はできたでしょうか?俺は美容室に行ったので、近くに綺麗な女性は沢山いたもののそれらは自分とは全く関係のない存在で、寂しいバレンタインを送っておりました。

 

それから金曜日はいつもルーティーンでアリーナをずっと触っているので、それに習いいつも通りチクチク色々なデッキを触っていました。

 

今日のデッキはこちら。

 

ジェスカイファイヤーズです。

 

時間の関係上このデッキ、いつもほどはテストできずにご紹介することになるんですが、まあ前環境も何度も使ってきたので問題無いでしょう。リストは2/9に行われたマジックオンラインのPT予選で2位に入賞したものをそのまま使っています。

インポートファイルはこちら(リンクはイゼ速さんっす)(こっちニセモノです)

本当のインポートファイルはこちら(リンクは晴れる屋さんっす)

 

このデッキに着目した理由ですが、一つはとりあえずよく見るから触っておこうという点と、一つは青白コンを使いたくなかったという点と、環境の2大仮想敵である赤単と青白コンと良い勝負ができると思ったからです。

 

赤単とジェスカイファイヤーズどちらが有利か?

青白コンとジェスカイファイヤーズどちらが有利か?

 

という点ですが、端的にいうと「構成による」かと思います。少し話が逸れるんですが、デッキごとの単位でどのデッキがどのデッキにどれくらい有利か不利かっていう議論はナンセンスだな、と最近感じることが多くなりました。

 

デッキパワーにものすごく差があるならともかく、トップメタデッキ同士の場合そんなに絶望的な差は生まれづらいですし、わずかな差であればデッキリストによって変わるかと思います。多くのデッキではフリースロットがメインサイド合わせて5〜10枚くらいはありますから、そのフリースロットでどのくらいどのデッキを意識するかで相性はひっくり返ると思っています。

 

当然ケースバイケースで数枚単位で意識しても不利相性が全く改善しないマッチアップもあるでしょうから、有利不利の議論が有効な場合もあります。ですが、そうじゃないことの方が多そうだなと個人的には感じています。

 

閑話休題。

 

これらを踏まえた上でこのジェスカイファイヤーズは「赤単」「青白コン」を意識していれば五分以上に戦えるスペックがあると感じました。

 

いくつか理由がありますが、簡単にいうと

 

①(青白コンの理不尽カードである)《夢さらい》がそんなには辛くない

②(赤単の理不尽カードである)《エンバレスの宝剣》がそんなには辛くない

③ 青白コン側は結構ファイヤーズ側のグッドスタッフを捌くのがそれなりに大変

④ 赤単側は《創案の火》の対処が辛い

 

という4点。

広告

青白コンはまだ強いか?

青白コンを仮想敵にあげてはいますが、もうよほど熟練してるプレイヤーでない限り勝てないと俺は思っています(まだ数自体は多いですが)。正直負け組になると思っています。青白コンは良いデッキではありますが、別に絶対に対処ができないというほど強いデッキではないですし、《夢さらい》しか勝ち筋がないので《夢さらい》自体がそこまで辛くないデッキはちょっと対策すればさらっと勝てます。

 

もちろん、新しい構成の青白コンがまた出てきて台頭することはあると思いますが、一旦今の構成の青白コンは辛いと思います。別に今回の青白コンに限らず、コントロールデッキってしっかり仮想敵がいるときにそれらを対策して作られるので、「コントロールはメタ外が辛い」なんて言われるように環境が動くその瞬間は立ち位置が悪くなります。

 

ま、また来週、再来週くらいには何かしらの新しいコントロールデッキが頑張ってくれるでしょう。

このデッキを使う利点

 

もうそれなりに話しちゃっていますが、

 

① 理不尽な押し付けができる。

② トップスピードが結構早い

③ 特定の何枚かのカードがアグロに強く、それ以外が重いデッキにも強い

 

ってのはファイヤーズを使う利点(強み)です。

 

①と②は似た要素ですが、少し違います。トップスピードが早くても理不尽ではないデッキは結構あります。例えば白単アグロは赤単アグロの《エンバレスの宝剣》ほどの理不尽さは持ってません(ヘリカスとか《アジャニの群れ仲間》が理不尽な時はあるにはあるけど)。

 

理不尽ってのは対処がえらく難しかったり、いきなり1枚のカードで打点やリソースが増えることで、デッキ全体でスピードをあげることとは少し違います。

 

《創案の火》デッキのぶん回った時の動き、例えば、

【4t目】《創案の火》《予見のスフィンクス(無料)》

【5t目】《風の騎兵(無料)》《炎の騎兵(無料)》→能力起動→20点!!

なんて動きは理不尽そのものであるし、それがまかり通った時のスピードは非常に早いです。

 

そして、何よりジェスカイってカラーが良い。《時を宿す者、テフィリー》がコントロールに睨みを効かせ、《轟音のクラリオン》《空の粉砕》の計6枚のAOEがアグロを強烈に睨みます。特に《轟音のクラリオン》は全体絆魂モードにより、危険水域まで下がったライフをいきなり10点単位でゲインしてくれるオマケつき。さすがにアグロデッキは大変そう。

 

カード選択について

《海の神のお告げ》

このカードはもともと《可能性の揺らぎ》の枠だったところなのですが、《海の神のお告げ》はもはや《可能性の揺らぎ》の上位互換といって良いレベルのカードパワーです。《創案の火》が出た後は呪文にマナを使わないので、3マナの占術2の能力も余ったマナで起動できるのがミソっす。

 

《空の粉砕》

ご存知の通り、デメリットを差し置いても非常に強い効果のあるカードですが、こと《創案の火》デッキで使う場合は4マナであるということが他のデッキで使うよりも重要な意味を持ちます。だって4マナなら《創案の火》を着地させたターンに盤面一層できるんすよ?つよ。

 

《義賊》

とても興味深いサイドボードで、主に青白コンやミラーマッチで使うカードです。PWの余った忠誠度を削ったり、似たカードを構成してるデッキ相手にサイドインすることが多いため、捲れたカードの有用性が高く、サイドボードで使ってみるとこれが正しい使い方なんじゃないか、と思うほどです。サイド後、除去が薄くなった相手にぼかぼかアドが取れるのは楽しいですよ。

 

ちょっとしたコツ・注意点

うーん、色々考えてみたものの、そこまで注意することもないと思います。割と選択肢が限られるデッキなので。ただサイドインや、デッキ構成を考えるときに「あくまでコンボデッキである」ことを念頭に入れておくと良いでしょう。ラスが入っていたり、妨害もそこそこありますが、それは勝ち筋ではないのでそっちにばかり注視していると勝ち筋が細くなってしまうかもしれないな、と。

 

プレイよりもデッキ構成とかサイドインをしっかりすることでパフォーマンスが最大化するデッキのような気がします。

 

最後に

いつものように色々なデッキをこねていたのですが、いつものようにほとんどのアイディアがボツとなり、結局ファイヤーズの紹介になりました。いつも俺が週末何かの大会に出るとして使うとしたらこのデッキだな、というデッキを紹介しているので、こういうこともままあります。

 

なんだかんだ勝つ強いデッキですし、感触非常に良いです。例のごとく、完コピして使うよりも、このデッキを使おうと思った過程・思考をトレースしていただき、自分のプレイスタイル、その時のメタに合わせて皆さんなりに細かいところをチューンナップして使ってもらえたら嬉しいです。

 

俺もちょこちょこいじっていこうと思います。

それではありがとうございました。

 

追伸

今週色んなデッキを使いつつ、感触がよかったデッキがもう一つあります。それは先週から使っているグルールアグロです。もしこの土日で大会に出るなら、ファイヤーズかグルールの二択でしょう。先週の記事から少し構成を変えたので、経過シェアします。

《アクロス戦争》

このカード使ってみてびっくりですが、グルールで使うと4マナのコンマジにメリットが足されたようなスペックです。主に《茨の騎兵》デッキにサイドインしますが、本当にすごく強いのでオススメです(ファイヤーズ相手にもインできます)。良かったらこちらも触ってみてくださいませ。

 

それと、相棒のNIMAMEくんが最近Twitchで配信を始めたので、興味がある方は是非。そして彼の配信を見てたら俺も配信に興味が湧いてきたので、近いうちにYouTubeで配信をしてみようかと画策中です。そちらも興味ある方は是非。間違いなく面白くはなるので期待しといてください。

 

ではまた。

コメント

  1. 匿名 より:

    インポート用デッキリストが荒野の再生になっていました。
    イゼ速さんのページが間違えているので、晴れる屋さんのリンクを張っておきます。

    https://www.hareruyamtg.com/jp/deck/271862/show/

    • MTG Digging より:

      あざす 笑
      ご協力感謝です。慣れないことをやっても皆さんに助けてもらえるみたいなので、もっと色々なことチャレンジしていきます。ヤバいときはまた助けてください 笑

タイトルとURLをコピーしました