【ロジカルマジック Vol.1】~魔の魅惑~ラムネ

広告
Others
f:id:vtcoalition:20190619134923j:plain

はじめに

みなさん、こんにちは。

すっかり暑い日が続くようになり、室内にこもってマジックに興じるのには最適な季節となってきました。

ゲームに夢中になるのは大いに結構ですが、熱中症にもよく注意をし、涼しい場所にいても水分と塩分の補給は欠かさないようにしましょうね!

また、汗が滲んでどうしても体臭などが気になりやすい季節でもあります。周りへのエチケットとして、制汗剤の使用や細めなシャワーを心がけましょう(皆で気持ち良い空間を作りましょうね!)。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回はいつもの記事とは少し変わり《ゲームの外》のことについて執筆していきたいと思います。

集中力とMTG

「集中力」-ある物事に気持ちや注意を集中させる能力。

「集中力」-その重要性

どんなに強力なデッキを使っていても、

どんなにプレイングについて理解していても、

その力を発揮できない事には本番では勝てません。

100%の力を出す為には、集中力が大事です。

《参考》http://harurumtg.blog41.fc2.com/blog-entry-45.html 

マジックと「集中力」の関連性については、我々の記事をご覧になっている方ならば良くご存知かと思います。

トーナメントを戦っていくと、自分でも予期せぬ疲れが溜まっていき、普段ならば絶対にやらないようなミスを犯してしまうことがあります。

皆さんも、きっと一度は経験があるのではないでしょうか?

出来ることならば、より簡単に、より手軽に、その問題を解決したいとは思いませんか?

では、次項よりそんな大切な「集中力」に即効性があると噂されている魔法のようなアイテムについて述べていきましょう。

合法ドラッグ「森永ラムネ」 

f:id:vtcoalition:20190619144810j:plain

最近、集中力を持続させるために「ラムネ」が非常に効果的である!という噂が広まり、MTGプレーヤーたちの間でもトーナメントのお供として定番のアイテムになっているようです。 

clips.twitch.tv 

 【Ikawa’s Real Sportsmanship】 このシーンは日本のみならず海外でも話題になりましたね。

果たして、「ラムネ」は本当に我々の集中力に効果を発揮する魔法のアイテムなのでしょうか?

本記事では、その効果について根拠を持った掘り下げをしていきたいと思います。

「ブドウ糖」の魔力

実は、ラムネ全般が効果的に作用するわけではなく、「森永ラムネ」が我々の脳に効果的に働く可能性があるようです。

なぜ、「森永ラムネ」限定となるのか?

その答えは、森永ラムネの原材料となっているブドウ糖(グルコース)にあります。

f:id:vtcoalition:20190619152813j:plain

「森永ラムネ」は他社の製品と異なり、甘味料として砂糖ではなく【ブドウ糖】を使っており、パッケージを見るとそれが原料の90%を占めていることがわかります。

体のエネルギー源である「ブドウ糖」は、24時間休むことなく脳で消費され、そのエネルギー量は基礎代謝の20%にまで及ぶそうです。

プロの棋士は対局中に「ブドウ糖」を口にするそうですが、それも頭を使って体力を消耗したエネルギーを補給するためだと言われています。

脳で大量に消費する「ブドウ糖」をそのままの形で摂ることで効率よく脳にエネルギーを補給する=脳がリフレッシュする=集中力の持続。

と、考えるとなんとも素晴らしい魔法のような食べ物に感られますね。

(しかし、森永のHPでは集中力に効果があるといった明記はナシ)

それでは、【ブドウ糖】を摂取することで本当に集中力への良い効果が得られるのでしょうか?もう少し深く掘り下げてみましょう。

本当に効果があるの?

まず、結論から言うと「確信を持って“ある”とは言えません」という解答になります。

その科学的根拠はまだ発表されていませんし、実は森永自身が森永ラムネ(ブドウ糖)摂取による集中力UP効果について調査に取り組んでいるという情報もあるのです。

つまり、その真偽はまだ闇の中っていうことですね。

現状、確信を持って言えることは《ブドウ糖は非常に効率よく血糖値を上げることが出来ますよ》ということだけです。

エネルギー源である、砂糖を始めとした炭水化物は直接吸収されるわけではなく、先ず「糖」に変換されてから体内に取り込まれていきます。つまり、「ブドウ糖」以外の炭水化物は、吸収するために先ず分解してあげる手間(時間)がかかるということですね。

それに対して、「ブドウ糖」はそのままの状態で体内に吸収されていくため、非常に効率よく血糖値を上げることが出来るのです。「ブドウ糖」を「ブドウ糖」の状態で摂取すると、低血糖状態から速やかにに回復出来ますよ!というわけですね。

*血糖値は血液中のブドウ糖(グルコース)の量のことを指します。

つまり、トーナメントで疲弊して低血糖状態になった体に、直接「糖」を摂取してあげることで通常の血糖状態に戻してあげましょうねー。というのが現段階での効果的な使い方・考え方というわけです。

実はこれ、お酒を飲んだ体にも同じ症状が現れているようなので、二日酔いの時には「森永ラムネ」が効く!なーんてことも囁かれているようです。

ちなみに、飲んだ後に無性にラーメンなどの炭水化物を食べたくなるのは低血糖状態になっていることが主な要因であるとも考えられたりしています。

隠れ潜む重大なデメリットも

f:id:vtcoalition:20190619170314j:plain

ここまで、《絶対とは言えないまでもなかなか良さげな効果がありそうだ》と言及してきましたが、 その裏には逆にトーナメントの成績を悪化させてしまう恐れもあるデメリットも存在しています。

実は、急に血糖値が上昇するとインスリンといわれる体内ホルモンが分泌され、集中力が上がるどころか、頭がぼーっとしてしまう危険性があるのです。

先述している通り「森永ラムネ」にはブドウ糖が多く含まれており、血糖値が下がっている時に食べると、血糖値が上がって一時的にスッキリとします。

しかし、それと同時に血糖値の急上昇による上記のリスクも背負っているわけですね。

特に、空腹時の場合は吸収効率もUPしてしまうので、更に注意が必要となるでしょう。

急激な血糖値の変動が繰り返されると、インスリンへの耐性がついたり、血管が傷つけられることによって糖尿病にも繋がりかねない危険な状態になることも考えられます。

「ブドウ糖」を摂れば頭がスッキリするかもしれませんが、摂取量には重々気を付けたほうが良さそうですね。

まとめ

ここまで述べたことを簡単にまとめると、

  • ラムネを摂取するならば「森永ラムネ」を選ぶのが吉。
  • 「ブドウ糖」は効率良く脳にエネルギーを補給することが出来るので、頭がスッキリする効果が期待出来るよ。
  • ラムネがもたらす「集中力」への良い効果は、現状実は判明されてないよ!
  • 「ブドウ糖」の摂取には危険も潜んでいて、大量に摂取すると逆にマイナス面が大きく現れそうだよ。

と、いうところになります。

良い情報にだけ踊らされてしまうと、痛い目を見る結果になった感じですね。

これらを踏まえて、もしも「ラムネ」を摂取するならば、「森永ラムネ」を井川さんのように“ここぞ!”という場面で摂るのが良いように思います。

それ以外にも、食を一度で満たすのではなく、何度かに分けて摂取することでエネルギー補給のロスを補ってあげるというのも悪くなさそうですね。

また、正確な根拠はないようですがこちらの記事を見ると1時間におおよそ10粒の摂取がなんとなーくの目安になりそうです。

あくまでまだまだ核心の取れてないデータの山々なので、「ご自身が摂取される際はリスクも考えながらのご利用をお願いします」といったところでしょう。

僕は普段からの健康的な生活と食事・睡眠が《最強の方法》だと思っているので、おそらく利用することは無いかなー。

(Written By NIMAME)

いかがでしたでしょうか?

今回は、趣向を変えて《ゲーム外のこと》について少し言及してみました。

また機会があるか、需要があった際には「トーナメントに向けての理想の過ごし方」とか「筋トレのMTGへの有用性」とかについてまとめられればなと思ってます。

それでは、皆様また次の記事でお会いしましょう! 

Enjoy MAGIC!!!!!

*MTG Diggingでは、随時ご要望をお待ちしております。 こんな題材が欲しい、この記事を翻訳して読みやすくして欲しいといった希望がありましたらお気軽にご相談下さい*

コメント

  1. Hello my loved one! I wish to say that this article is awesome, nice
    written and come with almost all significant infos. I’d like to look extra posts like this .

タイトルとURLをコピーしました